FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» サーバー機能について

目次


サーバーは国内に設定されていますか?
国内データセンターに設置です。
バックボーンは国内最大級で電力系回線を用いています。
PHPのバージョンは何ですか?
PHP5.3
をご利用頂けます。

PHP4はバグフィックスのサポートがないために弊社では利用できない仕様にしております。ご了承のほどお願い申し上げます。
Webサーバーは何ですか?
httpd-2.2
をご利用いただけます。

このバージョンではSNI機能を利用することができるために、固定IPアドレスを設定しなくてもSSL証明書をお客様の独自ドメインに設定することが出来ます。
MySQLのバージョンは何ですか?
MySQL5.1
をご利用いただけます。

PLESKコントロールパネルでデータベースの作成とユーザ・パスワードの設定を行えます。また、PLESKから直接phpMyadminにアクセスできて非常に便利にご利用いただけます。

(HakasePlanのみ利用可能です)
メーリングリストはどのアプリケーションを利用できますか?
Mailman 2.1
をご利用いただけます。

Mailmanの詳細設定に関してのサポートは原則として行っておりません。下記などのサイトを参照して対応してください。
http://www.python.jp/doc/contrib/mailman/


(HakasePlanのみ利用可能です)
SSH(chroot)で使えるコマンドは何ですか?
お客様のご利用ディレクトリ内において主にファイル操作に関するコマンドをご利用いただくことができます。ご利用可能なコマンドは下記です。

bash, cat, cp, du, false, grep, groups, head, id, less, ln, ls, mkdir, more, mv, pwd, rm, rmdir, scp, sh, tail, tar, touch, true, unzip, vi
SSHのアクセスポートは何番ですか?
SSHのデフォルトポートである22番は変更して2022番としています。
SSHおよびSFTPのアクセスは、22番ポートから2022番ポートに変更してアクセスして下さい。お手数ですがよろしくお願いします。

アクセス時に必要になるFTPユーザ名とパスワードは、PLESKコントロールパネル内で設定したものを使用して下さい。

(HakaseとJr.Planのみ利用可能です)
SFTPは利用できますか?
ご利用可能です。
2022番ポートにてアクセスして下さい。

SSHおよびSFTPのアクセスは、22番ポートから2022番ポートに変更してアクセスして下さい。お手数ですがよろしくお願いします。

アクセス時に必要になるFTPユーザ名とパスワードは、PLESKコントロールパネル内で設定したものを使用して下さい。
ホスト名は、「sample.ezezserver.com」として下さい。
sampleの部分はお客様の初期サブドメインを確認してください。

(HakaseとJr.Planのみ利用可能です)
サイトの移転前のプレビュー機能はありますか?
ドメインの移転(ネームサーバー変更)前にあらかじめアップロードしたホームページが正常に動作しているかの確認は可能です。
プレビューするためのアクセスURLは、PLESKコントロールパネルにログイン後、
「ウェブサイトとドメイン」=>ページ下部のドメイン名をクリックして表示される画面の「全般」にある「Website preview URL 」に表示されています。
sendmailは利用可能ですか?
利用可能です。
sendmailへのパスは /usr/sbin/sendmail
です。
perlへのパスはなんですか?
/usr/bin/perl
でごす。
CGIファイルを設置する時に設定して下さい。
rubyへのパスは何ですか?
/usr/bin/ruby
です。
rubyスクリプト設定の際にご参照ください。
SSHでのアクセス方法を教えてください。
SSHアクセスはPort2022でSSH2対応クライアントソフトを用いてアクセスして下さい。
アクセスの際のユーザ名パスワードはFTPで設定したものを使用し、ホスト名は、「sample.ezezserver.com」として下さい。
sampleの部分はお客様の初期サブドメインを確認してください。

PLESKコントロールパネルの「SSH/シェルアクセス」はSSH22番ポートを弊社セキュリティーポリシーで閉じているために起動できません。ご了承のほどお願いいたします。

(HakasePlanのみ利用可能です)
PostgreSQLは利用可能ですか?
PostgreSQL 8.4.4がご利用可能です。
(HakaseとJr.Planのみ利用可能です)
netpbmは使えますか?
netpbm-10.47が利用可能です。
パスは、/usr/bin/ です。
ImageMagickは使えますか?
ImageMagick-6.5がご利用可能です。
パスは、/usr/bin/ です。
Webメールは使えますか?
全プランでご利用いただけます。
PC・携帯に両方対応しております。

https://webmail.ezezserver.com/
にアクセスして
お客様のメールアカウント(例 sample@sample.com)と対応するパスワードを入力してログインして下さい。

携帯端末でアクセスする場合は、「モード」携帯を選択してログインしてください。
Webメールへのアクセス方法を教えてください。
https://webmail.ezezserver.com/
にアクセスして
お客様のメールアカウント(例 sample@sample.com)と対応するパスワードを入力してログインして下さい。

携帯端末でアクセスする場合は、「モード」携帯を選択してログインしてください。
CMSの数千個のファイルをサイトにアップする場合、速く確実に行う方法はありますか?
ZIPファイルをFTPで1個のファイルとしてアップロードし、その後SSHでアクセスしてunzipコマンドでファイルをサーバ上で解凍して下さい。

Windows環境の場合等は、マニュアルの「SFTPとSSHアクセス方法:(WinSCPの設定例)」を参照して下さい。
ファイル数が多い場合の転送方法を教えてください。
ZIPファイルをFTPで1個のファイルとしてアップロードし、その後SSHでアクセスしてunzipコマンドでファイルをサーバ上で解凍して下さい。

Windows環境の場合等は、マニュアルの「SFTPとSSHアクセス方法:(WinSCPの設定例)」を参照して下さい。
wwwありなしのドメインの統一の設定方法を教えてください。
.htaccessファイルに以下内容のいずれかをを追記する又は、作成してださい。


wwwありが無しへ転送されます。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.example.com
RewriteRule ^.*$ http://example.com%{REQUEST_URI} [R=301,L]

wwwなしがありへ転送されます。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} !^www.example.com
RewriteRule ^.*$ http://www.example.com%{REQUEST_URI} [R=301,L]
PHPモジュールのAPCは利用できますか?
ご利用可能です。
ただ、
apc.cache_by_default = off
がデフォルト設定です。これを.htaccessファイルで設定を変更していただく必要があります。
変更する場合は、以下の記述を用いてください。


php_flag apc.cache_by_default on

パーミッションエラーで消去できないファイルがあります。
自動生成するファイルの所有者がApacheとなっている場合があります。このようなファイルで削除しなければならない場合などは、サポートチケットでご依頼ください。すぐに対応いたします。
CGIを指定のディレクトリ以外で動作する方法を教えてください
CGIスクリプトを指定のディレクトリ以外で動作させる場合の方法を以下にお示しいたします。

.htaccessファイルをCGIファイルの設置デイレクトリ内に設置してください。
ファイルの内容は以下です。

Options +ExecCGI
AddType application/x-httpd-cgi .cgi .pl

CGIを設置しているディレクトリおよび、CGIファイルはのパーミッションは、755としてください。777にしている場合は、動作しません。

こちらのレンタルサーバーでブログの開設は可能ですか?
可能でございます。
ブログアプリケーションの自動インストール(PLESKコントロールパネルで設定可能)やWordPress日本語版等の無料インストール代行でブログサイトを開設することが可能です。
ただ、これらのアプリケーションのご利用方法はサポートしておりません。書籍や、他サイトを参照ください。

WordPress日本語版等マニュアルに記載してあるものの無料インストール代行をご希望の場合は、設置希望URLを明記の上、申し出ください。
任意のディレクトリや追加ドメインからcgi-binディレクトリに設置したCGIが動作しない場合
PLESKコントロールパネルのバグで複数ドメインから同じcgi-binディレクトリにアクセスする状態が設定された場合、CGIが動作しない現象が起きます。
これを回避する場合は、
ドメインのドキュメントルート直下にcgi-binディレクトリを作成して以下の内容の.htaccessファイルを設置してください。

また、任意のディレクトリでCGIを動作させる場合も同様です。

Options +ExecCGI
AddType application/x-httpd-cgi .cgi .pl

このときcgi-binディレクトリの設置場所は、「このドメインのドキュメントルート」に設定されている必要があります。
設定方法:
PLESKにログイン=>「ウェブサイトとドメイン」=>「最下部の対象のドメイン名」=>CGI サポートの「このドメインのドキュメントルート」を選択して「OK」をクリックしてください。
CGIファイルやディレクトリのパーミッション設定はどうすればよいのですか?
CGIを設置しているディレクトリおよび、CGIファイルはのパーミッションは、755としてください。777にしている場合は、動作しません。

CGIスクリプトを指定のディレクトリ以外で動作させる場合の方法を以下にお示しいたします。

.htaccessファイルをCGIファイルの設置デイレクトリ内に設置してください。
ファイルの内容は以下です。

Options +ExecCGI
AddType application/x-httpd-cgi .cgi .pl


SSHシェルアクセス:viでの編集の文字化け対策について
SSHアクセスしているアプリケーションが日本語に対応している必要があります。
文字コードが日本語の文字コードで表示できない場合、文字化けが発生いたします。
日本語対応したアプリケーションの端末設定等で文字コードの変更を行ってください。
CRON(スケジュール済みタスクの設定について
CRONのコマンドで利用可能なものはCHROOT環境で利用可能なコマンドに限られます。この他に設定を希望される場合は、サポートチケットにて相談して下さい。できるだけ対応させていただきます。
DNSレコードの編集は可能ですか?
可能でございます。PLESKコントロールパネルログイン後、「ウェブサイトとドメイン」をクリックして表示されている「DNS設定」をクリックして編集したいドメインのDNSレコードを編集して下さい。

DNSレコードの編集は十分理解したうえで行ってっください。サイトの表示やメール機能が利用できなくなる可能性があります。ご注意ください。
追加設定したドメインのファイルをアップロードしたのにHPが表示されません。
新規に追加設定した独自ドメインのホームディレクトリは、「site1」以下となっています。
これは、追加設定した独自ドメインのホスティング設定を行う際に「site1」に設定しています。
(設定の際に「site1」は任意に変更可能です。)

/site1/以下にファイルをアップロード下さい。

よろしくお願い申し上げます。




お申込から5分で利用可能 ♪

無料お試し10日間お申込み

   EZdomain.jp/サーバー博士
    共通申込みページに移動
    ドメイン・SSL証明書も一括管理

 

ご利用までの流れ

 

無料サポートチケットを新たに発行する

   お気軽にお問い合わせください

Anti-Malware Scan

GeoTrustがこのサイトが安全
であることを保証しています

格安ドメインとSSL証明書なら♪
ドメイン管理はEZdomain

アカウント管理を共通サイトとしています
ドメインもSSL証明書もホスティングも
一括管理♪

お支払方法
お支払方法
サーバー機能紹介
PLESKコントロールパネル PHP MySQL Linux Perl
ホームページ移転・引越のHPmove
格安で最新のレンタルサーバーに引越をしたけど技術者不在で難しくて諦めていた方にお薦めのサービスです。
面倒なドメインの移管、SSL証明書の再発行などすべて対応しています。
 
  ホームページ移転・引越のHPmove
セキュリティーポリシー
セキュリティーポリシー