独自CGIの設置方法

PLESKコントロールパネルで設定したディレクトリ以外の任意のディレクトリにCGIファイルを設置する場合、「.htaccess」ファイルを用いて設定を行います。

PLESKコントロールパネルで設定した「cgi-bin」ディレクトリ内で動作させる場合には「.htaccess」ファイルは必要ありません。

CGIを動作させたいディレクトリに以下の内容の「.htaccess」を作成してください。(PLESKコントロールパネルのファイルマネージャ等を用いてファイル作成すると便利です)

Options +ExecCGI
AddType application/x-httpd-cgi .cgi .pl

サーバー博士の全てのサーバーはCGIファイルのパーミッションが755である必要があります。777になっていると動作しません。また、ディレクトリも同様でパーミッション755に設定してください。

参考:

perlへのパス:  /usr/bin/perl

sendmailへのパス: /usr/sbin/sendmail

Rubyへのパス: /usr/bin/ruby

netpbm: /usr/bin/

ImageMagick: /usr/bin/

 

プロキシサーバー機能を付加するCGIやサーバーシステムに侵入するようなCGIの設定を行った場合、、直ちに対象のアカウントの全てのファイルを削除いたします。 また、プロセスがループしている、非常に高負荷(判断は弊社で行います)な場合等は、対象のお客様に警告するとともに対象のCGIファイルを削除等させていいただきます。ご注意ください。

お申込から5分で利用可能 ♪

無料お試し10日間お申込み

   EZdomain.jp/サーバー博士
    共通申込みページに移動
    ドメイン・SSL証明書も一括管理

 

ご利用までの流れ

 

無料サポートチケットを新たに発行する

   お気軽にお問い合わせください

Anti-Malware Scan

GeoTrustがこのサイトが安全
であることを保証しています

格安ドメインとSSL証明書なら♪
ドメイン管理はEZdomain

アカウント管理を共通サイトとしています
ドメインもSSL証明書もホスティングも
一括管理♪

お支払方法
お支払方法
サーバー機能紹介
PLESKコントロールパネル PHP MySQL Linux Perl
ホームページ移転・引越のHPmove
格安で最新のレンタルサーバーに引越をしたけど技術者不在で難しくて諦めていた方にお薦めのサービスです。
面倒なドメインの移管、SSL証明書の再発行などすべて対応しています。
 
  ホームページ移転・引越のHPmove
セキュリティーポリシー
セキュリティーポリシー