PHP設定の値を変更する方法

PLESKコントロールパネルにログインして簡単に設定を変更することが可能です。

「ウェブサイトとドメイン」=>最下部の「ドメイン名」=>「PHP設定」で表示される画面でそれぞれの設定を変更することができます。変更したら画面最下部の「OK」をクリックしてください。5分程度で変更の内容が有効になります。

必要無い機能はできるだけOFF設定又は最小値に変更しておくとサイトのセキュリティーが向上します。わからない場合はデフォルト値のままにしておいてください。既にインストールしているサプリケーションが動かなくなる場合があります。

パフォーマンス設定

memory_limit

スクリプトで割り当て可能な最大メモリ量(バイト)です。メモリに制限を設定しない場合は「-1」に設定してください(推奨しません)。

 

max_execution_time

スクリプトが終了までに機能できる最大時間(秒)です。

 

max_input_time

スクリプトが入力データを解析できる最大時間(秒)です。

 

post_max_size

POST メソッドで送信可能な最大データ量(バイト)です。通常、upload_max_filesize より大きく、memory_limit より小さく設定します。

 

upload_max_filesize

アップロードするファイルの最大サイズ(バイト)です。


共通設定

safe_mode

デフォルトonoff (PHP 5.4.0 で削除)PHP セーフモードを有効化します。このモードは、主にセキュリティを理由として、様々な制限をスクリプトに課します(ファイルシステムへのアクセスなど)。

 

safe_mode_include_dir

PHP をセーフモードにした場合、スクリプトが一部のファイルへのアクセスを試みると、このディレクトリ内のファイルについてはセキュリティ(UID/GID)チェックがバイパスされます。またディレクトリは include_path に存在する必要があります。例: /dir/inc

 

safe_mode_exec_dir

PHP をセーフモードにすると、スクリプトはこのディレクトリ内の外部プログラムに限って実行できるようになります。例: /dir/external

 

include_path

スクリプトでファイルを検索するディレクトリの一覧(システムの PATH 変数に似ています)。複数のディレクトリを区別するには、Linux ではコロン(:)、Windows ではセミコロン(;)を使用します。Linux での例: .:/dir/inc:/usr/lib/php

 

session.save_path

PHP がセッションデータ(ファイル)を書き込むディレクトリ。例:/dir/tmp

 

mail.force_extra_parameters

メールの送信に使用する mail() 関数の追加パラメータです。たとえば、カスタム Sendmail 構成を使用するには: -C /dir/conf.cf

 

register_globals

EGPCS(Environment(環境)、GET、POST、Cookie、Server(サーバ))変数のコンテンツをグローバル変数として登録するかどうかを指定します。これをオンにすると、register_globals によってあらゆる種類の変数(HTML フォームの要求変数など)がスクリプトにインジェクトされます。このオプションはセキュリティ上大きなリスクとなるため、不要な場合はオンにしないでください。

 

open_basedir

ディレクトリの一覧。PHP で開くことが可能なファイルを制限するために使用します。指定したディレクトリの外にあるファイルについては、PHP スクリプトは開くことを拒否します。複数のディレクトリを区別するには、Linux ではコロン(:)、Windows ではセミコロン(;)を使用します。Linux での例: /dir/upload:/usr/tmp

 

error_reporting

PLESK10のコントロールパネルの仕様で現在ご利用いただけません。スクリプトのデバッグ等の作業は、ローカル環境などで行ってください。

 

display_errors

PLESK10のコントロールパネルの仕様で現在ご利用いただけません。スクリプトのデバッグ等の作業は、ローカル環境などで行ってください。

 

log_errors

PLESK10のコントロールパネルの仕様で現在ご利用いただけません。スクリプトのデバッグ等の作業は、ローカル環境などで行ってください。

 

(HakasePlan、Jr.プランで利用可能です)

お申込から5分で利用可能 ♪

無料お試し10日間お申込み

   EZdomain.jp/サーバー博士
    共通申込みページに移動
    ドメイン・SSL証明書も一括管理

 

ご利用までの流れ

 

無料サポートチケットを新たに発行する

   お気軽にお問い合わせください

Anti-Malware Scan

GeoTrustがこのサイトが安全
であることを保証しています

格安ドメインとSSL証明書なら♪
ドメイン管理はEZdomain

アカウント管理を共通サイトとしています
ドメインもSSL証明書もホスティングも
一括管理♪

お支払方法
お支払方法
サーバー機能紹介
PLESKコントロールパネル PHP MySQL Linux Perl
ホームページ移転・引越のHPmove
格安で最新のレンタルサーバーに引越をしたけど技術者不在で難しくて諦めていた方にお薦めのサービスです。
面倒なドメインの移管、SSL証明書の再発行などすべて対応しています。
 
  ホームページ移転・引越のHPmove
セキュリティーポリシー
セキュリティーポリシー