WordPress 3.3 日本語のインストール方法 (WordPress 3.4も同様)

ファイルのダウンロード http://ja.wordpress.org/ (WordPress 日本語ローカルサイト) 

オレンジ色のところをクリックして最新版をダウンロードしてください。

WordPress 日本語ローカルサイト

 

ダウンロードしたファイル「wordpress-3.3-ja.zip」を解凍すると「wordpress」以下に下の画像のようなファイルが生成されます。

「wp-config-sample.php」を編集します。

WPファイル全体

 

「wp-config-sample.php」をテキストエディター等のソフトを用いて編集します。予めPLESKコントロールパネルにログインしてWordPress用のMySQLデータベースを作成し、作成したデータベース名、データベースユーザ名、パスワードを用意しておきます。

define('DB_NAME', 'serverhakaseadmin_wpman');   serverhakaseadmin_wpmanは例です。お客様の情報を入力してください。

define('DB_USER', 'serve_wpmanadmin');   serve_wpmanadminは例です。お客様の情報を入力してください。

define('DB_PASSWORD', 'serverhakasepw');  serverhakasepwは例です。お客様の情報を入力してください。

上記の3つの項目だけを編集します。他は新規インストールの場合変更する必要はありません。

「wp-config-sample.php」をテキストエディター等のソフトを用いて編集

 

このマニュアルではhttp://preview.ezezserver.com/wordpress/にインストールする例を示しています。以下適宜お客様のサイトの状態に合わせて変更してください。

ファイルを全てFTP又はSSHアクセス等を用いてでお客様のサイトルート(httpdocs)以下任意のディレクトリにアップロードします。その後、/wp-admin/install.phpにアクセスしてください。ここでの例は、http://preview.ezezserver.com/wordpress/wp-admin/install.phpです。 客様のサイトに合わせてアクセスしてください。

PHPのセーフモードはOFFに設定する必要があります。(デフォルト値はOFFですので変更していなければそのままでも問題ありません)

 

これでWordPress3.3のインストールは完了です。お疲れさまでした。

インストールの完了画面

 

先ほどのユーザ名とパスワードで「http://preview.ezezserver.com/wordpress/wp-login.php」からログインしてみます。

 

ログインすると管理画面が表示され正常にインストールされていることが確認できます。

 

お申込から5分で利用可能 ♪

無料お試し10日間お申込み

   EZdomain.jp/サーバー博士
    共通申込みページに移動
    ドメイン・SSL証明書も一括管理

 

ご利用までの流れ

 

無料サポートチケットを新たに発行する

   お気軽にお問い合わせください

Anti-Malware Scan

GeoTrustがこのサイトが安全
であることを保証しています

格安ドメインとSSL証明書なら♪
ドメイン管理はEZdomain

アカウント管理を共通サイトとしています
ドメインもSSL証明書もホスティングも
一括管理♪

お支払方法
お支払方法
サーバー機能紹介
PLESKコントロールパネル PHP MySQL Linux Perl
ホームページ移転・引越のHPmove
格安で最新のレンタルサーバーに引越をしたけど技術者不在で難しくて諦めていた方にお薦めのサービスです。
面倒なドメインの移管、SSL証明書の再発行などすべて対応しています。
 
  ホームページ移転・引越のHPmove
セキュリティーポリシー
セキュリティーポリシー